公益社団法人 秋田県看護協会

研修案内

Training

教育理念、目的、目標

教育理念

秋田県看護協会は、少子高齢社会にあって多様化する地域住民のヘルスケアニーズに応え、より質の高い看護サービスを提供するために、看護専門職として自律的にキャリア開発するための継続教育を支援する。

教育目的

  1. 看護職として、最善の看護ケアを提供するために必要な看護実践能力の向上を図る。
  2. 専門職としての自己の責任において継続教育に参加する倫理的責任を培う。

教育目標

  1.  地域住民のヘルスケアニーズ、医療・看護の進歩に対応できる能力を養う。
  2.  看護の専門領域の知識や技術を深め、安全な看護実践が展開できる能力を養う。
  3.   幅広い社会性を身につけ、豊かな人間性を養う。
  4.  看護職に必要なリーダーシップやマネジメント能力を養う。
  5.  看護実践に活用できる研究的視点や能力を養う

教育計画

秋田県看護協会の教育計画は、継続教育の全体像が見え、研修選択に当たって保健師・助産師・看護師・准看護師が高めていきたい専門領域の内容を、個々の実践能力とニーズに合わせて、自身が学びたい学習内容を選択できるようにした。

これらは、日本看護協会「専門職業人としての看護職に必要な能力の全体像」の考え方に基づき、「受講者の看護実践能力に応じた学習段階設定」を活用し、5つの研修領域「新人教育」・「ジェネラリストの教育」・「指導者・管理者育成のための教育」「介護福祉施設等で働く看護職の教育」・「トピックス」を設定した。

受講者の看護実践能力に応じた学習段階設定

1.指導や教育のもとで、基本的な看護を安全に実践できる。

2.指導を受けることにより自己の学習課題を見つけることができる。

1.看護実践の場面において単独で看護を提供できる。

2.チームリーダー的役割や責務を認識し遂行できる。

3.自己の学習課題に向けた学習活動を展開できる。

1.高度な看護活動を実践でき、かつ他者にモデルを示すことができる。

2.自己の学習活動に積極的に取り組むのみならず、指導的役割を発揮できる。

1.論理的かつ実践的知識を統合して、卓越した看護を実践し、所属を超えてリーダーシップを発揮できる。

2.自己の学習活動はもとより組織的な教育・研究活動を主体的に実践できる

※学習段階の設定理由:

多くの看護職者に自らの看護実践能力と対比させ、幅広く研修を受講できるようにしたいと考え、日本看護協会「受講者の看護実践能力に応じた学習段階」に準じた内容に設定した。