公益社団法人 秋田県看護協会

災害看護

Disaster

災害看護

基本理念

 秋田県看護協会は県内外で発生しうる災害規模に応じて、日本看護協会災害時支援ネットワークシステムに基づき、行政他関連機関と連携を図り、円滑かつ適切な支援活動をする。

目的

秋田県看護協会は、災害時看護支援活動に関する基本的事項を定め、県内外で発生しうる災害規模に応じて、円滑に支援体制を整え、迅速かつ適切な支援活動を行う。

災害時支援ネットワーク

disaster-flow.png

災害支援ナースとは

災害時支援ネットワークシステムに基づき、秋田県看護協会に登録し、看護職能団体の一員として被災地区、被災県に派遣される看護職である。

災害支援ナースの役割

被災者が健康レベルを維持できるように適切な医療・看護をする。
被災した看護職の心身の負担を軽減し支えるよう努める。

災害支援ナースの条件

必須条件

  • 日本看護協会会員
  • 秋田県看護協会会員
  • 秋田県看護協会災害支援ナース登録者(所属施設長の承諾があること)
  • 災害看護研修を修了している

望ましい条件

  • 定期的に(1回/年)に災害看護研修、合同防災訓練等に参加している
  • 所属施設があること

災害支援ナース派遣(災害規模に従い実施)

秋田県が被災し、秋田県看護協会のみで活動が可能な場合

秋田県内の災害支援ナースにより支援活動できるよう、秋田県看護協会が災害支援ナース登録施設と派遣調整を行う。
秋田県看護協会からの派遣となる。

秋田県が被災し、秋田県看護協会のみで対応が困難な場合

災害時支援ネットワークシステムに基づいて日本看護協会へ災害状況報告
災害支援ナース派遣要請を依頼し、支援調整は日本看護協会が行う。

大規模災害で被災県看護協会への支援が必要な場合

被災県の近隣の県協会が災害支援ナース派遣等の支援を行う。支援調整については、日本看護協会が行う。
派遣要請は日本看護協会が主体となる。

災害支援ナースの派遣時期および派遣期間

  • 【派遣時期】 発災後3日以降から1カ月
  • 【派遣期間】 3泊4日(移動時間含む)

東日本大震災への秋田県看護協会支援活動状況

派遣先:岩手県
県立中部病院、山田病院、平安荘、山田南小学校、旧釜石商業高校

派遣:平成23年3月21日(月)~平成23年5月29日(日)
   3泊4日で12班:36名

派遣先:宮城県
石巻市桃生町農業トレーニングセンター

派遣:平成23年5月14日(土)~:平成23年5月17日(火)
   3泊4日で1班:4名

日本看護協会 災害看護

http://www.nurse.or.jp/nursing/practice/saigai/